スリーエスクリニックスリーエスクリニック

Menu
GLP-1ダイエットについて FOR PATIENT

GLP-1ダイエットとは?

近年、若い人を中心にGLP-1ダイエットが注目されています。 特徴は下記の通りです。

GLP-1ダイエットの4つの特徴

Point1

挫折することなく健康的な減量が可能

ダイエットをするとき心配になるのが、無理な食事制限や我慢を強いられる点です。そのため通常のダイエットは身体だけでなく精神面に負担をかける恐れがありますが、GLP-1ダイエットの場合はその心配がありません。その秘密はGLP-1ダイエットが自然に食欲を抑えられることにあり、健康的な減量ができる理由です。投与したGLP-1が食欲をコントロールする脳の器官へ直接作用し、無理のない範囲で食事量を減らせます。

Point2

やせ型の人のホルモン状態に近づく

GLP-1ホルモンの量は、体型によって異なります。一般的に肥満の人はやせ型の人よりもGLP-1ホルモンが少ないため、食事量が抑制されないことで体重が増えてしまうのです。GLP-1の投与によりホルモン状態がやせ型の人に近づくため、極度の我慢や食事制限をしなくとも健康的なダイエットができます。

Point3

依存性や耐性を起こす可能性が比較的少ない

今までにも、数々の薬が肥満治療に用いられてきました。しかしサノレックスなど一部の抗肥満薬では依存性や耐性の問題が指摘され、服用量や期間に制限がかかっていたのです。一方でGLP-1製剤は、耐性を持ちづらいのが特徴です。そのためほかの抗肥満薬に比べると安全性が高く、安心して治療に使用できます。

Point4

世界で広く承認されている

GLP-1ダイエットは、実は日本ではまだ十分に浸透していません。そのため安全性について、疑問を抱く人がいるのは当然のことです。

しかし世界規模で見ると、GLP-1製剤が世界で広く用いられていることがわかります。GLP-1製剤はアメリカのFDA(食品医薬品局)や28ものEU加盟国28か国ですでに承認されており、GLP-1ダイエットが一般的な肥満治療方法として普及しているのです。 現状日本では、GLP-1製剤はⅡ型糖尿病の治療薬として2010年に承認されており、安全性の高い薬であることは事実です。ただし承認されているのはあくまで臨床目的であるため、減量目的で使用する場合は自由診療となります。ご注意ください。

副作用やリスクはある?

GLP-1を使って治療をした場合、初期段階で吐き気をもよおす可能性があります。身体が薬に慣れるにつれて症状は治まりますが、起こりうる副作用として知っておいてください。 なお妊娠中および授乳中の人の使用や、GLP-1受容体作動薬およびインスリンとの併用はできません。あらかじめご了承ください。

治療時の注意点について

GLP-1ダイエットを行うにあたり、いくつかの注意点があります。

ドカ食いではなく少量の食事を複数回摂る

GLP-1を投与することで食欲が抑えられ、食事量の減少が期待できます。今まで通りの量の食事を摂ってしまうと、食べたものが胃から先に送り出せず吐き気をもよおす恐れがあるのでご注意ください。食事量は自然と少なくなりますが、それに抗いドカ食いをすることは厳禁です。また1日1~2回の食事でまとめて食べていた人は、3回に分けて少量ずつ食べてください。

水分をたっぷりと摂る

GLP-1ダイエットの間は、今まで以上に水分を摂るようお願いします。目的は便秘の解消なので、水もしくはノンカフェインのお茶がおすすめです。もし便秘が解消されない場合は便秘薬を処方しますので、当院スタッフへお声かけくださいませ。なお酸化マグネシウムが入った非刺激性の便秘薬であれば、市販薬を服用していただいても構いません。

食事内容の見直しと改善を行う

冒頭で無理な食事制限は必要ないと申し上げましたが、食事内容の見直しは必要不可欠です。

お菓子やジャンクフードを摂るのは控え、できるだけカロリーを意識して食事内容を考えましょう。糖質はできるだけ減らし、たんぱく質、ビタミンやミネラルの豊富な野菜、海藻類や豆類などを積極的に摂るのがおすすめです。 また食事の際には、炭水化物を摂る前にサラダを食べたり水を飲んだりすることが重要です。こうした些細な食習慣を身につけることが、より高い効果の発揮や投薬後のリバウンド防止に一役買ってくれます。

有酸素運動の実施

GLP-1ダイエットの期間中は、ランニングやウォーキング、水泳などの有酸素運動を積極的に行いましょう。30分以上続けられればなおよいです。

中には筋トレを習慣としている人がいますが、激しい運動は一時的な低血糖を起こす危険性があるため控えましょう。 運動の基本は、ずばり【歩く】ということ。一般的には、20分のウォーキングにより体脂肪がエネルギーとして使われ、脂肪が代謝されます。脂肪燃焼の効率を考えれば、1日8,000歩を目標に歩くのがベストです。

過度な飲酒を避ける

GLP-1は膵臓から分泌され、インスリンへと働きかけるホルモンです。治療中に過度な飲酒をすると、膵臓へ負担をかける恐れがあるためご注意ください。特にビールやカクテルは、数あるアルコール類の中でも比較的高カロリーです。飲酒する場合は、ウイスキーや甘みのないサワーを選びましょう。