スリーエスクリニックスリーエスクリニック

Menu
その他ダイエットとの違い FOR PATIENT

太っている人とやせている人の違いは?

体型の違いにはさまざまな要因が考えられますが、その中のひとつに「GLP-1(インクレチン)」の分泌量の差があります。

【太っている人】GLP-1の分泌が少ない

GLP-1の分泌が少ない人は食事をしても満腹になりづらく、食べすぎてしまう傾向にあります。食事内容を考えず好きなものばかりを大量摂取することで、カロリー過多になり太りやすくなります。

【やせている人】GLP-1の分泌が多い

GLP-1の分泌が多い人は少量で満腹感を得られるため、適正量の食事を楽しめます。そのため余分なカロリー摂取がなく、肥満になりづらいのが特徴です。

GLP-1ダイエットの仕組みは?

近年GLP-1ダイエットが世間から注目され、GLP-1が「やせるホルモン」と呼ばれているのをご存知ですか?

GLP-1はもともと人体の中にあるホルモンのひとつで、通常は小腸から分泌されます。GLP-1の分泌が少ないとインスリンの分泌量が安定しなくなり、血糖値が不安定になってしまいます。Ⅱ型糖尿病の治療薬にGLP-1やインスリンが用いられるのは、血糖値を安定させるためなのです。 またGLP-1は、食欲中枢への働きかけや胃腸の働きを緩やかにするなど、さまざまな役割を持ちます。それが結果的に基礎代謝の向上や食欲の抑制、脂肪を分解しやすい体づくりなどにつながり、減量へと結びつくのです。

他のダイエット方法との比較

 GLP-1ダイエット自宅での運動や食事制限エステパーソナルジム
費用15,000円/月~かからない
(必要に応じてサプリ・運動器具の購入)
かかる
~150万円/週1ペースで2ヶ月
(大手エステサロンの場合)
かかる
~70万円/2ヶ月
(大手パーソナルジムの場合)
本人の努力
(食事制限や運動など)
不要かなり必要必要に応じてかなり必要
効果大いにあり
(食事量が自然に減少し、ノンストレスでやせやすい体になる)
努力次第
(強い意志や努力がなければ失敗につながる)
努力次第
(エステの通院に加え食事制限や運動が必要)
あり
(トレーナーがついているため結果が出やすい)
リバウンドの心配なし
(食事量が自然に減少するため)
あり
(制限から解放されてリバウンドする人が多いため)
あり
(通院中のみ効果を発揮するため)
あり
(通うのを辞めるとリバウンドの恐れあり)

GLP1の副作用

GLP-1の主な副作用には胃のムカつきや吐き気などがあります。

これらは胃腸の動き(蠕動運動)を抑える事によって起きる現象です。いうなれば薬の効きすぎによる現象です。食事量が減り、便の量が減りやすいので便秘気味にもなる方もいらっしゃいます。

こういった副作用が出るのは大体1%~5%程度だと言われています。

殆どの場合1~2週間の内におさまりますが、薬剤の量を調節することで症状を緩和させることができるので、違和感が続いたらなるべく早くご相談してください。